最近、私がハマってるソーシャルゲーム。その名も「あんさんぶるスターズ!」です。オンラインゲームランキングで見つけました。
このゲームはよくあるアイドル物。最近流行ってますよね、女の子のアイドルをプロデュースしたり、男の子のアイドルをプロデュースしたり。
このゲームもそういう類のものです。女の子ではなく男の子をプロデュースしていきます。
男の子のアイドルをプロデュースと聞くと、乙女ゲームを連想するかと思いますが乙女要素はあまりありません。

このゲームはメインストーリーがあるのですが、ざっくり言うと「八百長の横行するアイドルを養成する学院で革命を起こす」という目的のために頑張るメインユニット達と共に転校してきたばかりの女の子がプロデューサーが見守りつつ彼らを応援する話となります。けれど主人公の影は薄く、どちらかといえばキャラクター達が会話をして話が進んでいきます。乙女というよりは少年漫画のような熱さを感じられるシナリオは、とても魅力的です。
レベルをあげれば話がどんどん解放されていくのでそれを楽しみにレベルをあげていきます。ゲーム自体には音楽ゲーム、所謂音ゲーの要素は皆無でただタップしていくというだけの単純作業ですが、シナリオは面白いです。
頻繁にイベントも開催されていますし、そこで新規のイベントシナリオも読めるのでメインストーリーを全て解放してもまだまだ楽しみがあります。
キャラクターとシナリオが魅力的のあんさんぶるスターズ!から、私はまだ当分離れられなさそうです。

たとえば、どこブランドのこれ、というわけではなく、『黒い膝丈スカート』のように、欲しい服の条件だけが決まっているとき、私はよく通販サイトを使って探すのですが、
先日理想の一着を見つけ、購入を決めました。
しかし調べてみると、その服のブランドは、私がよく行く商業施設に入っているお店のもので、実はその商業施設で使えるポイントがけっこう溜まっていたので、これはネットじゃなくて実店舗で買ったほうがお得だなと思い、さっそくお店へ足を運びました。
しかし、ない。
どこを探してもお目当ての商品が見つからず、店員さんに聞いてみたところ、もう商品入れ替えで店舗には置いていないものだと言われました。

取り寄せはできるとのことでしたが、ちょっと日にちがかかりそうで、それを着て外出したいと思っていた日に間に合いそうにないので、お店での購入は諦めました。
しかし家に帰ってふと思いついたのが、お店にもう置いてない商品なら、アウトレット店舗にあるかもということでした。
実はアウトレットのポイントも溜まっています。勢い込んでアウトレットの店舗に問い合わせてみると、「置いていません」とのこと…仕方ない、通販で買おうと決め、
しかし通販でもそのブランドの公式サイトなら、メンバーズカードのポイントが付くので、最初に見ていた大手通販サイトではなく、公式のほうで購入手続きを進めました。
すると送料がかかることが分かり、なんだか悔しいので、結局は送料無料の、初めのサイトに戻って、そこで購入することに。
ポイント付与や使用のために、こんなに奔走した買い物は初めてです。
でも商品は、欲しかった日に間に合ったし、実物も思った通りのもので、買ってよかったです。

ここ数日のところ、お母さんが季節外れの風邪を引いてしまって、完全にダウンしています。
10日ほど前から風邪っぽい咳をするようになりましたが、そうこうしているうちに熱も出てきてしまったようです。
一応、病院を受診して薬をもらっているようですが、よくあるように季節外れの風邪は長引いてしまう傾向があります。
ここ2、3日は特にしんどかったようで、仕事も休んで横になっている時間が長かったようです。

そこで峠は越えたのか、昨日からは元気になり、ようやく平常運転に戻ったところです。
普段は洗濯や買い物、食事の支度などは全部お母さんが一人でやってくれています。
風邪をひいてる間は、やはり誰かが代わってあげないといけませんが、私の仕事がたまたま繁忙期に差し掛かったところで手を貸してあげることができませんでした。
その結果、我が家の冷蔵庫はここ数年でいちばんの低在庫率となってしまいました。

私は忙しい時期は終電で帰宅することが多くなり、なかなかスーパーに寄って帰ってこれません。
家に帰ってもお母さんは風邪でダウン中、冷蔵庫の中は見事に空っぽで、余裕がないのでコンビニで弁当を買って食べる日が3日続きました。
失礼かもしれませんが、改めてお母さんの仕事の多さと存在を感じた出来事でした。

おはようございます。
秋の味覚も堪能し、でもダイエットもしつつ、食欲の秋、スポーツの秋だわ!なんて季節を満喫している主婦、智子です^^

さて、なんとか今日で一区切りつけることができたので、喜びのブログです。
何が一区切りかといいますと、衣替えです。
??衣替え??
そんなの1日でちゃっちゃと終わらせなさいよ~と言われちゃいそうですが、いやはや、子どもが小さいとなかなか難しいものです。

大きいかな、小さいかな、まだ寒くないかな、まだ着るかな?なんていろいろやっていると、1日やそこらでは終わりません。
だいたい私の場合は2週間から3週間くらいかけて季節を移動しますよ。

もしかしたらまた赤ちゃんが生まれるかも??
なんて期待もあったりなかったりするので、小さくなった服も捨てずにしまっておいた方がいいかな?なんて思ったりして。

でも理想はね、本当は、季節ごとに全部新品の服を買うことです。
今年デザインの新しい服を、5着くらいかってそれを着回す。
もちろん、お値段が高いものや何年も着ることで味が出てくるような服は別ですけど。

子どもたちの服は、使い捨てといったら言葉は悪いかも知れませんが、でもそういう感覚でやっていけたら潔くていいな~なんて思っています。

おはようございます。
昨日は姪っ子の登場により、中学生のライン事情を知り、将来に不安を覚えた母です。

「私は年だから若い人のことはわからな~い」なんてブリッ子をしている場合ではないですね。
しっかりとアンテナを張って、情報をキャッチする姿勢を持ち続けないと。
親がしっかりしてこそ、子どもにいろいろな体験や経験をさせられるのだと思います。

「分からないから与えて放置」
「分からなくて怖いから禁止」

ではなく、きちんと知って、使い方を考えるという方向で行きたいと思います。

ところで、昨日、かわいい姪っ子が運んできてくれたもの、それは秋の味覚「栗」です。
夫の実家のお母さんが下ごしらえをしてくれてあって、むき栗、むき茹で栗、渋皮煮、甘露煮、生栗、といろいろ楽しめるバリエーション盛りだくさんでした。

栗はおいしいけれども、皮むきや下処理、下ごしらえに時間がとてもかかるんです。
だから私がもしそのままの生栗だけをもらったとしても、栗のおいしさを充分に生かせないままに終わってしまうかも。

長年の付き合いで、お義母さんは、こんなずぼら嫁の特徴をよく分かってくれて、本当にありがたいです。
さっそく栗ご飯にして、焼きさんま、きのこ汁と一緒にいただきました。

ああ、秋ってすてき。